Commanding Officer

Captain Neil G. Sexton

Commanding Officer

Captain Neil G. Sexton,
United States Navy

 

Capt. Neil G. Sexton, from Indianapolis, Indiana, received his commission through the U.S. Naval Academy in 1995.

At sea, he served as electrical officer, auxiliaries officer and main propulsion assistant aboard USS Ticonderoga (CG 47), homeported in Pascagoula, Mississippi. In his next sea tour, he served as assistant operations officer for Amphibious Squadron 11, embarked with USS Belleau Wood (LHA 3) in Sasebo, Japan.

Sexton's waterfront maintenance assignments ashore include: ship superintendent for several availabilities at Ship Repair Facility and Japan Regional Maintenance Center (SRF-JRMC); dive officer, docking officer and assistant officer in charge at Mid-Atlantic Regional Maintenance Center Det. Bahrain and Commander Task Force 53; salvage officer for U.S. 5th Fleet; deputy project superintendent for USS Boise (SSN 764) and USS Newport News (SSN 750) availabilities at Norfolk Naval Shipyard; and officer in charge at SRF-JRMC Det. Sasebo.

Most recently, he served as deputy commander at Northwest Regional Maintenance Center and production resources officer at Puget Sound Naval Shipyard and Intermediate Maintenance Facility.

Sexton's staff assignments include: course director at the Engineering Duty Officer School; assistant business and strategic planning officer at Norfolk Naval Shipyard; section head for afloat readiness at the Office of the Chief of Naval Operations, assessment division; and executive assistant for Commander, Naval Sea Systems Command.

Academic accomplishments include a bachelor's degree in oceanography from U.S. Naval Academy and a master's degree in applied physics from the Naval Post Graduate School. Following graduate studies, he attended the Diving and Salvage Training Center where he qualified as a dive officer.

His personal awards include the Legion of Merit, the Meritorious Service Medal, the Navy Commendation Medal and various unit and campaign awards.


司令官

ニール・G・セクストン

米海軍大佐

インディアナ州インディアナポリス出身のニール・G・セクストン大佐は、1995年に海軍アカデミーから士官に任官した。

水上任務ではミシシッピ州パスカゴウラに配備されているUSSチコンデロガ(CG 47)で電気オフィサー、補機オフィサー、及び主推進装置アシスタント(MPA)を務めた。次の水上任務では佐世保に配備されていたUSSベロー・ウッド(LHA 3)を母艦とする第11水陸両用部隊のアシスタントオペレーションオフィサーを務めた。

陸上のウォーターフロントにおける艦船保守任務では:横須賀艦船修理廠及び日本地区造修統括本部でのいくつもの艦船工期スーパーインテンデント;中央大西洋地区造修統括本部バーレイン分所及びタスクフォース53司令部での潜水オフィサー、ドッキングオフィサー、及びアシスタント分所長;第五艦隊でのサルベージオフィサー;ノーフォーク海軍工廠でのUSSボイス(SSN 764)とUSSニューポート・ニュース(SSN 750)の工期における副プロジェクトスーパーインテンデント;及び佐世保分所長を務めた。

直近では北西地区造修統括本部副司令官、及びピュージェットサウンド海軍工廠のプロダクションリソースオフィサーを務めた。

スタッフ職としては、エンジニアリングデュティーオフィサー校のコースディレクター;ノーフォーク海軍工廠のビジネス戦略計画アシスタントオフィサー;海軍作戦本部アセスメントディビジュン(OPNAV 81)海上即応部門のセクションヘッド;及び海軍海洋システム司令部司令官補佐を務めた。

セクストン大佐は、海軍アカデミーで海洋学の学士号、海軍大学院で応用物理学の修士号を取得した。その後、潜水・サルベージ訓練センターで潜水オフィサーの資格を得た。

セクストン大佐が授与した勲章には、レジヨン・オブ・メリット勲章、海軍・海兵隊功労勲章、及び数多くの部隊記章や戦役章がある。