U.S. Naval Ship Repair Facility and Japan Regional Maintenance Center

 
Sasebo Detachment Officer In Charge
Commander Daniel Kidd

Sasebo Detachment Officer in Charge

Commander Daniel Kidd,
United States Navy

 

Cmdr. Daniel Kidd graduated from the U.S. Naval Academy in 1998 and service selected surface warfare. He served aboard USS Russell (DDG 59) and USS Constellation (CV 64) completing Western Pacific deployments during both tours. While serving on Russell, he qualified officer of the deck, engineering officer of the watch (EOOW) and surface warfare. During his tour on Constellation he qualified as 1,200 pounds per square inch steam EOOW. After successive sea tours he served as the port operations program manager for Navy Region Europe.

Kidd lateral transferred to the engineering duty community and attended Naval Post Graduate School graduating with a Master of Science in mechanical engineering. He reported to Navy Dive Salvage Training Center and completed basic dive officer and salvage training. He transferred to Puget Sound Naval Shipyard & Intermediate Maintenance Facility where he was the deputy project manager for the private sector conversion of USS Emory S. Land (AS 39). While there, he qualified engineering duty officer, nuclear assistant project superintendent and docking officer. In August 2010, he reported to Combined Task Force 53 as the diving and salvage officer and the Norfolk Ship Support Activity Regional Maintenance Center Detachment Bahrain assistant officer in charge. During that tour, he was onsite lead for a deep ocean search and recovery of a downed AV-8B in the Gulf of Aden; project manager and docking officer for emergent docking repair of USS Momsen (DDG 92); and the initial responder for the casualty response and repairs of USS Porter’s (DDG 78) collision at sea. Kidd transferred to Program Executive Officer Ships, Strategic and Theater Sealift Program Office PMS 385 where he was the deputy principal assistant program manager for the joint high speed vessel program. He was instrumental in the delivery of the lead ship and four follow-on ships. He moved to Project/Program Manager, Ship 317 Program Office as the acquisition officer solving acquisition and technical issues for USS Fort Lauderdale (LPD 28) and LX(R) and the fleet introduction officer delivering USS John P. Murtha (LPD 26).

Kidd’s personal decorations include the Meritorious Service Medal with one Gold Star, Navy Commendation Medal with four Gold Stars, Navy Achievement Medal and various unit citations.


佐世保分所長 ダニエル・キッド 米海軍中佐

ダニエル・キッド中佐は、アメリカ海軍兵学校を1998年に卒業した後、水上戦に携わる任務に就き、配属されたUSSラッセル (DDG 59)、またUSSコンステレーション (CV 64) の両艦において、西太平洋での派遣・展開任務を完了した。ラッセルにおいては、当直士官や当直機関担当士官 (EOOW)、また水上戦担当などを務めた他、コンステレーションにおいては、1,200 ポンド・毎平方インチ(8,274 kPa)蒸気機関の当直担当士官 (EOOW) を歴任した。航海任務を成功させた後は、米海軍欧州地域におけるポート・オペレーション・プログラム・マネージャーの職を務めた。

その後、キッド中佐は工学専門士官としての道を選び、米海軍大学院で機械工学の修士課程を修了した後、海軍潜航サルベージ・トレーニングセンターにおいて潜航士官とサルベージの基本訓練を修了した。続いてピュージェットサウンド海軍工廠および中間造修施設に移り、USSエモリー・S・ランド (AS 39) の民間セクター転換工事の副プロジェクトマネージャーを務め、2010年8月には、バーレーンにあるノーフォーク艦船支援部隊造修統括本部分所及び第53合同任務部隊の潜航サルベージオフィサーに就任した。ここではアデン湾深くに沈んでいた AV-8BハリアーIIの探査と引き揚げの現場指揮を行ったほか、USS マンセン (DDG 92) の緊急ドック入渠修理工事におけるプロジェクトマネージャーおよびドッキングオフィサー、またUSS ポーター (DDG 78) の海上衝突事故での初動対応および救援、修理等に携わった。海洋システム司令部の艦船取得計画(PEO Ships)、戦略および戦域輸送艦プログラムオフィス(PMS 385)に移ってからは、統合高速輸送鑑プログラムの副プログラムマネージャーとなり、一番艦と、それに続く4隻の艦船の建造に尽力した。さらにドック型輸送揚陸艦プログラムオフィス (317) の調達担当士官となり、USS フォートローダーデール (LPD 28) や新型艦LX(R) に関わる資材調達や技術的問題の対応にあたった他、USS ジョン・P・マーサ (LPD 26)のデリバリー(引き渡し)にあたっては、艦隊イントロダクション・オフィサーを務めた。

キッド中佐に授与された勲章には、ゴールドスター1つの勲功記章、ゴールドスター4つの米海軍功労章、米海軍任務完遂勲章、その他さまざまな部隊賞などがある。