Deputy Commander

Deputy CommanderDeputy Commander

Captain David Dwyer
United States Navy

 

Capt. David Dwyer entered the Navy via the Delayed Entry Program in August 1984 and attended boot camp at Recruit Training Center, Great Lakes, Ill. Following boot camp graduation, he reported to Service School Command at Naval Training Center, Great Lakes, Ill. and completed his required new accession apprenticeship training.

During his enlisted service, he was selected as USS Conserver (ARS 39) and USS Patriot (MCM 7) Sailor of the Years in 1988 and 1991, respectively. In 1989, he qualified enlisted surface warfare specialist. In 1994, he advanced and was initiated as an engineman chief petty officer. In 1995, he earned his master training specialist qualification.

Dwyer was selected for the limited duty officer (LDO) program and commissioned as an ensign on February 1996.

His assignments on sea duty include: USS Safeguard (ARS 50), USS Conserver (ARS 39), main propulsion assistant in USS Patriot (MCM 7), chief engineer in USS Chinook (PC 9), damage control assistant in USS Whidbey Island (LSD 41), diesel engineering readiness officer in charge in Commander, Amphibious Group Two; chief engineer in USS Austin (LPD 4), main propulsion inspector at President of Board and Inspection Survey, and chief engineer in USS Bataan (LHD 5).

Dwyer’s assignments ashore include: Naval Station San Diego; Surface Warfare Officers School Command in Newport, R.I.; engineering LDO/chief warrant officer (CWO) detailer in Millington, Tenn.; an individual augmentee as detainee officer in charge at the Joint Information Center Guantanamo Bay, Cuba; commanding officer of the dry dock Dynamic (AFDL 6), Little Creek, Va.; and surface LDO/CWO assignment branch head (PERS 414) in Millington, Tenn. He most recently served as the commanding officer of Surface Warfare Officers School Command Unit Great Lakes.

While onboard Bataan, he was awarded the 2010 Commander, Naval Surface Forces Leadership Award.

He has earned various personal, unit and campaign awards. He earned his Master of Business Administration at the Excelsior College School of Business and Technology.


副司令官

デービッド・ドワイヤー米海軍大佐


デイビッド・ドワイヤー米海軍大佐は1984年8月に猶予付き入隊プログラムを通して米海軍に入隊し、イリノイ州グレイト・レイクスのリクルート・トレーニング・センターでブートキャンプ(新兵訓練)に参加した。新兵訓練終了後、米海軍操練所の兵役学校部隊配属となり、必要とされる就任実習を修了した。

下士官として任務にあたった1988年と1991年には、USSコンサーバー(ARS 39)とUSSパトリオット(MCM 7)の最優秀下士官賞を授与した。1989年に水上戦技術下士官兵の資格を取得し、1994年に機関兵曹長に昇進した。1995年にはマスター訓練専門下士官の資格を取得した。

その後、特務士官(LDO)に選抜され、1996年2月に少尉に任官した。

海上任務ではUSSセーフガード(ARS 50)、USSコンサーバー(ARS 39)、USSパトリオット(MCM 7)主推進装置アシスタント、USSチヌーク(PC 9)チーフ・エンジニア、USSウィドビー・アイランド (LSD 41)ダメージ・コントロール・アシスタント、水陸両用部隊第二グループディーゼル機関即応長、USSオースティン(LPD 4)機関長、検査委員会主推進装置主席検査官およびUSSバターン(LHD 5)チーフ・エンジニアを歴任した。

陸上任務ではサンディエゴ海軍基地、ロードアイランド州ニューポート水上艦船士官学校、テネシー州ミリントンのエンジニアリング担当特務士官(LDO)/上級准尉(CWO)ディテーラー、キューバ・グァンタナモ湾のジョイント・インフォメーション・センター収容者支援担当士官、ヴァージニア州リトル・クリーク配備の浮きドライドック・ダイナミック(AFDL 6)艦長、テネシー州、ミリントンの水上艦船特務士官(LDO)/上級准尉(CWO)の任命担当長(PERS414)を務めた。直近では、グレイト・レイクスにある水上艦船士官学校司令官を務めた。

USSバターンでの任務では2010年度海軍水上部隊指揮監督賞を受賞した。

その他、さまざまな個人表彰および部隊表彰を受賞し、エクセルシアー・カレッジ、ビジネス・工学学科の経営学修士号を取得した。