Command Master Chief
Command Master Chief Michael Allison

Command Master Chief

Michael Allison,
United States Navy

 

Master Chief Petty Officer Michael Allison is a native of Atlanta, Ga. He enlisted in the U.S. Navy on Oct. 4, 1993 and attended Basic and Seaman Apprenticeship Training at Recruit Training Command Orlando, Fla.

In January 1994, he reported to USS Shippingport (ARDM 4), a floating dry dock in Groton, Conn. Upon completion of his first tour, he attended Second Class Dive School at the Naval Diving and Salvage Training Center (NDSTC) in Panama City Beach. Upon graduation in November 1996, he was advanced to second class petty officer and received orders to Naval Submarine Support Facility, Groton, Conn.

After completion of First Class Dive School in April 2000, he reported to Mobile Diving and Salvage Unit 2, in Little Creek, Va. where he qualified as diving and salvage warfare specialist and advanced to first class petty officer. In May 2003, he returned to NDSTC Panama City as an instructor where he qualified as a master training specialist and advanced to chief petty officer.

He then reported to USS Emory S. Land (AS 39) in La Maddalena, Italy in October 2006. During this tour he qualified as enlisted surface warfare specialist and completed a change of homeport to Bremerton, Wash. After successfully completing master diver evaluations at NDSTC, he returned to Mobile Diving and Salvage Unit 2 in July 2008, during which he qualified as expeditionary warfare specialist and advanced to senior chief petty officer.

In April 2011, he reported to Explosive Ordnance Disposal Mobile Unit 8 in Rota, Spain where he was selected as a master chief petty officer. After successful completion of this tour he was then assigned to staff duty with Special Warfare Group 1 in Coronado, Calif. in September 2014. Allison reported to Ship Repair Facility and Japan Regional Maintenance Center Yokosuka in June 2016.

Allison has been awarded the Joint Service Commendation Medal, Navy Commendation Medal (five awards), Army Commendation Medal, Navy Achievement Medal (four awards) and other personal, unit and service decorations.


部隊最上級兵曹長

マイケル・アリソン
米国海軍

 

マイケル・アリソン最上級兵曹長はジョージア州アトランタの出身。1993年10月4日に米国海軍に入隊し、フロリダ州オーランドにある新兵教育部隊で基礎および水兵技能訓練に参加した。

1994年1月にコネチカット州グロトンの浮きドック、USSシッピングポート(ARDM 4)配属となる。この最初の配属後、パナマシティビーチの海軍潜水・海難救助訓練センター(NDSTC)の二等潜水士学校に通う。1996年11月の卒業とともに二等兵曹に昇格し、コネチカット州グロトンの海軍潜水艦支援施設に配属される。

2000年4月に一等潜水士学校修了後、バージニア州リトルクリークの第二移動潜水・海難救助部隊に潜水および海難救助専門員として配属となり、一等兵曹に昇格する。2003年5月にパナマシティビーチのNDSTCに教官として配属となり、マスター訓練専門員の資格を取得し、兵曹長に昇格する。

そして2006年10月にイタリア、ラ・マッダレーナで潜水母艦、USS エモリー・エス・ランド(AS 39)に配属となる。この時、水上戦専門下士官の資格を取得し、また、ワシントン州ブレミントンへの母港の移転を実施する。NDSTCで成功裡に潜水士の評価を行った後、2008年7月に第二移動潜水・海難救助部隊に戻り、遠征戦専門下士官の資格を取得し、上級兵曹長に昇格する。2011年4月にスペイン、ロタの第八爆発物処理部隊に配属となり、そこで最上級兵曹長に昇格する。配属先で成功裡に任務を遂行後、2014年9月にカルフォルニア州コロナドの海軍特殊戦グループ1にスタッフとして配属になる。アリソン氏は2016年6月に米海軍横須賀艦船修理廠及び日本地区造修統括本部に配属となる。

アリソン氏は共同任務功労勲章、海軍功労勲章(5つ)、陸軍功労勲章、海軍任務完遂勲章(4つ)およびその他の個人、部門や支援勲章を授与されている。